Home > お知らせ | サークル活動 > MACHIDA中巻のクオリティに関して【お詫び】

MACHIDA中巻のクオリティに関して【お詫び】

えーっと、こんにちはこんばんは。如月雪兎です。

先日は第5回近親同好会でたこつき屋によっていただきありがとうございました。

さて、早速本題ではありますが、いくら〆切に間に合わそうとしたとはいえ、6章の文章クオリティが何度読み返してみても酷いという点に置いて、皆様に作品として読んで頂く上で、詰まってしまう場所になってしまっているのではないかと思いこうして書かせて頂く次第です。

私自身、テンパりながら書いた部分もあり、表現のひどさや適当さが他の部分と比べ圧倒的に足りていないことが明白だと感じており、なんとかしなきゃいけないと対応を考えさせていただきました。

せっかく、きれいな扉で〆たのにこういう書き方になるのは物凄く心苦しいのですが、

【MACHIDA下巻において6章を加筆修正した上で掲載します】

こういう対応をさせて頂くことにしました。

展開自体は変わりません。ですが、表現でピンとこない点や明らかにおかしい文章などを修正し、読みやすく、正しく書きなおすつもりにしております。

本としては刷り直すのが礼儀とは思いますが、経済的なこともあり、このような対応となりますことを本当に申し訳なく思っております。

繰り返しになりますが、展開や今後の物語の進行には一切変更はないです。なので、6章のあらすじだけ見たぐらいの気持ちで、下巻に入っていただければ幸いです。

そして、中巻を楽しみにしていただき買っていただいた皆様に深い感謝とお詫びを申し上げます。

下巻は次回6月の近親同好会を予定しております。

今しばらくお待ちください。

また、疑問、感想などはツイッターやこちらにもドシドシお送りください。励みになりますので。

それでは


コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://takotsukiya.holy.jp/wp-trackback.php?p=149
Listed below are links to weblogs that reference
MACHIDA中巻のクオリティに関して【お詫び】 from たこつき屋のホームページ

Home > お知らせ | サークル活動 > MACHIDA中巻のクオリティに関して【お詫び】

twitter
メニュー

Return to page top